ヨガと気功に励む!心とからだの健康~癒し 腰痛予防・腰をこする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
火曜日の気功ではいつも八段錦(具体的な方法は今後、紹介していきます)を
やりますが、その前に準備運動のような感じで、腰を手でこすります。

気功では腰のまわり(ベルトを締める位置のあたり)を帯脈(たいみゃく)
といって、とても大切にします。

腰こすりの具体的方法ですが
まず、ひざをゆるめて立ち、手のひらを腰部に置きます。
そして、片方の手を尾てい骨のあたりまでこすり下ろします。
と同時に、もう片方の手を腕が上がるところまでこすり上げます。
(片方の手が下で、もう片方の手が上になる)
このとき、こすり下ろす手の側にからだも少し横に倒します。

そして、今度は上げた方の手をこすり下ろし、下ろした方の手をこすり上げます。
からだも、さっきとは逆の側に倒します。
これを繰り返し行います。

ポイントは背骨の両側をこすることです。
(意識しないと脇をこすってしまいます。脇ではなく、背骨の両側です!)
また、下を向かないようにしてください。
手の動きに合わせて、からだを横に動かすため、顔が下を向きがちになります。
目線は前です。

こする力はある程度力をいれて行います。
手が疲れてきたら、手の向きを甲側にかえてこすったり、
にぎりこぶしにしてこすったりします。

このように腰をこすることによって、腰を鍛え、腰痛を防止することができます。
また、腰をこするために手を使い、腕も上げ下げをするため、腕も鍛えられます。
(やってみるとわかりますが、けっこう腕にきます)
肩こりにも効果があります。

この腰こすりは、脚を伸ばして座った状態で行うことも可能です。
ちなみに、私は腹筋がないせいか、座って行う方がきついです。
すぐに疲れてしまします。
(さすがに、やりはじめた頃よりは疲れなくなりましたが)

ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


気功、太極拳関係の本・DVD癒し いやし 健康コム 

関連記事
2006.02.15 Wed l 気功 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yogakikou.blog47.fc2.com/tb.php/38-03a047fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。