ヨガと気功に励む!心とからだの健康~癒し 八段錦とは 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
火曜日の気功はいつも「八段錦」をやります。

八段錦は名の通り、八つの動作からなる気功法ですが、
気功もヨガと同じようにたくさんの流派があり、
八段錦のやり方も流派によって違うようです。

別に気功の歴史を勉強するわけではないので、私がいつも習っている八段錦を
次回より、一段ごとに取り上げてみたいと思います。

ちなみに、八つの動作をそれぞれ、第一段、第二段というふうに呼びます。
    ※各動作は8回ぐらい行うのが基本だそうですが、
     レッスンではその他のこともやるので、だいたい4回です。
   
第一段:両手托天理三焦(りょうしゅたくてんりさんしょう)
第二段:左右開弓似射雕(さゆうかいきゅうじしゃちょう)
第三段:調理脾胃臂単挙(ちょうりひいひたんきょ)
第四段:五労七傷向後瞧(ごろうしちしょうこうごしょう)
第五段:謡頭擺尾去心火(ようとうはいびきょしんか)
第六段:両手攀足固腎腰(りょうしゅはんそくこじんよう)
第七段:濽挙怒目増気力(さんけんどもくぞうきりょく)
第八段:背後七顚百病消(はいごしちてんひゃくびょうしょう)

↑なんか、漢字の羅列で難しそうですが、一つ一つの漢字を見ると
なんとなくどういうことをやり、どこに効くのかわかりませんか?

中国人の気功の先生(気功の先生は二人います)が、いつも
各段をやる前に、とっ~ても流暢な中国語で名称を言ってくれます。
いつもよくわからないでただ聞いていましたが、今回、
実際に自分で書いてみて、各段の名称の意味がよくわかりました。
(いいお勉強になりました。)

しかし、この各段の名称はとても覚えられそうにありませんし、
発音もできそうにありません。
(少し中国語でもたしなんでみましょうか?)

  第一段については⇒「八段錦/第一段」
  第二段については⇒「八段錦/第二段」を参照してください。
  第三段については⇒「八段錦/第三段」を参照してください。
  第四段については⇒「八段錦/第四段」を参照してください。
  第五段については⇒「八段錦/第五段」を参照してください。   
  第六段については⇒「八段錦/第六段」を参照してください。
  第七段については⇒「八段錦/第七段」を参照してください。
  第八段については⇒「八段錦/第八段」を参照してください。

注)同じ八段錦でも、流派によってやり方が異なります。
  また、同じ段でもバリエーションがあります。
  あくまでも、ここでは私が習っている基本の動作を紹介しています。 


ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


気功、太極拳関係の本・DVD癒し いやし 健康コム 

関連記事
2006.02.21 Tue l 気功 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yogakikou.blog47.fc2.com/tb.php/45-ebaf378f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。