ヨガと気功に励む!心とからだの健康~癒し 八段錦/第一段
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は八段錦の第一段

※八段錦については⇒「八段錦とは」
  第一段については⇒「八段錦/第一段」
  第二段については⇒「八段錦/第二段」を参照してください。
  第三段については⇒「八段錦/第三段」を参照してください。
  第四段については⇒「八段錦/第四段」を参照してください。
  第五段については⇒「八段錦/第五段」を参照してください。   
  第六段については⇒「八段錦/第六段」を参照してください。
  第七段については⇒「八段錦/第七段」を参照してください。
  第八段については⇒「八段錦/第八段」を参照してください。

注)同じ八段錦でも、流派によってやり方が異なります。
  また、同じ段でもバリエーションがあります。
  あくまでも、ここでは私が習っている基本の動作を紹介しています。 

第一段:両手托天理三焦(りょうしゅたくてんりさんしょう)

両手を高く挙げて、天を支える動作をすることにより、
三焦(胸、上腹部、下腹部)を整えるという意味になります。

まずは気功の立ち姿勢になり、目線を前に向け、両腕を自然におろします。

      ※基本の立ち方は⇒「気功での立ち方」を参照してください。

そして、手のひらを前に向けた状態で息を吸いながら、
両手を横から上にゆっくりと挙げていきます。

手が、上まで挙がったところで両手の指を組み、手のひらを返して
顔を上に向け(天を仰ぐように)、肘をまっすぐに伸ばします。
このとき、おしり(というか肛門?)を締め、天(というか落ちてくる天井)を
支えるような気持ちでからだ・肘を伸ばします。

そして、しばらくこの状態を保った後、指の力を抜いて組んでいた指をほどき、
息を吐きながら手のひらを下に向けた状態で、徐々に両腕をおろして
元の姿勢に戻ります。

実際に行っている写真や絵がないとわかりずらいとは思いますが、
なんとなく、雰囲気はわかってもらえましたでしょうか?

これを8回ぐらい行い、次の第二段~第八段へと順番にやっていきます。
八段錦はどれも難しい動作はないのですが、ひとつひとつの動作を
きちんと、きれいにやっていこうとするとけっこう大変です。

八段錦を毎日やっていれば、確かにいつも健康でいられような感じがします。
しかし、家ではやっぱり、なかなかできません。
ですので、気功のレッスンはできる限り休まずに行くようにしています。

   おしりを締めるとお腹も脚の内側もしまります

ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


気功、太極拳関係の本・DVD癒し いやし 健康コム 

関連記事
2006.02.24 Fri l 気功 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yogakikou.blog47.fc2.com/tb.php/47-0aae7938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。