ヨガと気功に励む!心とからだの健康~癒し 不朽の名作「星の王子さま」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
(今日はこころの健康)

昨日、なんとなく「星の王子さま」を読み返しました。



「星の王子さま」はフランスの作家
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作です。
「子供の頃に読んだ」という人が多いと思います。

読んだことがない人も、かわいらしい王子さまや大蛇(ボア)に飲み
込まれたぞうの絵等、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

「星の王子さま」は子供向けの本だと思っている人が多いと思いますが、
私はこれこそ、大人向けの本だと思います。

子供の頃に読んだことがある人もない人も、
大人になった今こそ読んでみませんか?

きっと、今までとは違った気づきがあると思います。
コーヒでも飲みながら、ゆっくりと読んでみましょう・・・。

ちなみに、今までは岩波書店が独占的な翻訳出版権を持っていましたが、
現在では日本での著作権が切れたため、
新訳の「星の王子さま」が何冊も出版されています。

翻訳者によって、だいぶ印象がかわると思いますので、
何冊か読み比べてみるのもおもしろいと思います。

参考
■著者 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900-1944)について
サン=テグジュペリは南フランスのリヨンで生まれ、作家であり、
飛行機乗りでもありました。
郵便輸送のためのパイロットとして、南米の飛行航路開拓などにも携わり、
この時の経験から南方郵便機夜間飛行を書いています。

1939年のナチス・ドイツの侵攻に伴い、航空大隊の将校として
偵察任務につき、1940年にアメリカに渡航しますが、
1943年にアルジェリアの偵察飛行大隊に復帰し、
1944年7月31日、偵察飛行任務に出発したまま消息を絶ちます。

サン=テグジュペリの行方は永らく不明とされていましたが、
2003年に、地中海のマルセイユ沖の海底に散乱していた偵察機の破片が
数ヶ月かかって拾い集められ、製造番号から、サン=テグジュペリが
乗っていた偵察機であることが明らかになりました。

機体の損傷が激しく、墜落原因は未だに不明とされていますが、
どの破片にも被弾や火災の跡は認められず、ドイツ軍戦闘偵察機に
撃墜されたという説は否定されたようです。

サン=テグジュペリは「星の王子さま」以外にも、何冊か小説を書いています。

上記で紹介した南方郵便機や夜間飛行の他に
人間の土地
戦う操縦士等があります。

私は、サン=テグジュペリのこれらの小説が好きです。

「星の王子さま」とはまた、違った味わいがありますので、
興味があったら、読んでみてくださいね!

ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


癒し いやし 健康コムMiss.Kの女性のためのビジネス書籍あれこれ 

関連記事
2006.03.13 Mon l 癒される音楽・本など l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yogakikou.blog47.fc2.com/tb.php/63-1f6b76cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。