ヨガと気功に励む!心とからだの健康~癒し 手をあげるには脚・お腹・腰から 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
このところ、PCに向かってばかりいたせいか、
首から肩・背中がこってしょうがありませんでした。

ヨガや気功の肩コリに効く動きをちょこちょことやってはいたのですが、
やはり時間をかけてやらないせいか、どうもスッキリしませんでした。

しかし、今日は気功のレッスンがあり「八段錦」をしっかりとやったせいか、
終わったあとは、とてもスッキリとして気分がよくなりました。

やはり、先生と一緒にやると、ひとつひとつの動作を意識してしっかりと行います。
ただたんにやるのとでは、効果は全然違ってきます。

気功を始めたばかりの頃は、「気功って楽かも・・・」と思いましたが、
やっていくうちに、そうではないことがわかってきました。

楽だと思っていた頃は、しっかりとその動作ができていなかったんですね。

たとえば、手を下から上にあげる動作をする場合、
ただ、手だけを動かすだけではその動作の本来の目的にかなわず、
意味がありません。

手を下から上に動かすということは、手を動かすために、手だけでなく、
脚・お腹・腰も使うということです。

どういうことかと言うと、まず、足の指にしっかりと力を入れ、
ももの内側をしめます。
(足の指に力が入れば自然と脚の内側もしまってきます。)

そして、おしり(肛門)を上に持ち上げるような感じでお腹をしめ
(ももの内側がしまればお腹もしまってくる)ます。

お腹がしまれば腰もしまり、こうした状態で手を上げれば、
手だけでなく、からだの筋肉も使われ、からだ全体が伸びます。

だから、効果があるんですよね。

実は、かくいう私も、最近になってわかった(理解した)んですけど!

ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


気功、太極拳関係の本・DVD癒し いやし 健康コム 

関連記事
2006.03.14 Tue l 気功 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yogakikou.blog47.fc2.com/tb.php/64-5e47d3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。