ヨガと気功に励む!心とからだの健康~癒し ヨガ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は昨日のネコのバランスのポーズより、
少し、レベルアップしたネコのバランスのポーズです。

ネコのバランスのポーズ背中を引き締めるとともに、
二の腕ももの引き締めにも効果的ですが、
昨日のポーズより今日のポーズの方が難しい分、より効果がある気がします。

では、やり方です。

両腕を肩幅の広さに開き、両ひざを90度に曲げて四つんばいになります。
脚はそれぞれの置いた手と同じライン上にひざがくるようにします。

次に息を吐きながら、右腕を手の平を下にして肩の高さまで上げ、
まっすぐに伸ばします。目線は前方におきます。
と同時に、右脚を後ろに、床と平行になるまで上げます。

  ※昨日のネコのバランスのポーズは腕と逆の脚でしたが、
   今日のネコのバランスのポーズは腕と同じ方の脚を上げます!

この状態でバランスをとり、ゆっくりと呼吸をして、しばらくポーズを保ちます。

ポイントはしっかりと目線を前方に向け、からだが傾かないようにすることです。

同じ側の腕と脚を上げますので、バランスをとるのがより難しくなり、
からだが傾きがちになります。
意識して、からだが傾かないようにしましょう。

   かくいう、私はしっかり傾いていますが・・・ ^_^; 

ポーズを保った後、腕と脚を下ろし、元の姿勢に戻ります。
逆も同じように行います。

 ネコのバランスのポーズ①
 ネコのバランスのポーズ③


ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


ヨガを愛する人のためのヨガグッズ大集合癒し いやし 健康コム 

2006.06.05 Mon l ヨガ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日はネコのバランスのポーズです。

ネコのバランスのポーズ背中を引き締めるとともに、
二の腕ももの引き締めにも効果的です。

また、腕と脚バランスをとるので、集中力がアップし、
自律神経も整えられるということです。
 
確かに、このポーズをやる時はいやでも集中します。
それによって、自律神経も整えられているのでしょうか?
こちらはちょっと実感がありませんが・・・。

では、やり方です。

両腕を肩幅の広さに開き、両ひざを90度に曲げて四つんばいになります。
脚はそれぞれの置いた手と同じライン上にひざがくるようにします。

次に息を吐きながら、右腕を手の平を下にして肩の高さまで上げ、
まっすぐに伸ばします。目線は前方におきます。
と同時に、左脚を後ろに、床と平行になるまで上げます。

この状態でバランスをとり、ゆっくりと呼吸をして、しばらくポーズを保ちます。

ポイントはからだが傾かないように、前後に引き合うようなイメージをすることです。

ポーズを保った後、腕と脚を下ろし、元の姿勢に戻ります。
逆も同じように行います。

 ネコのバランスのポーズ②
 ネコのバランスのポーズ③


ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


ヨガを愛する人のためのヨガグッズ大集合癒し いやし 健康コム 

2006.06.04 Sun l ヨガ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここ10日ほど、いろいろと用があり、ヨガのレッスンも気功のレッスンも
受けていませんでした。そして、筋トレも・・・。

そのせいか、今日、久々にヨガに行ったところ、硬いからだがさらに硬く
なったような感じで、思うようにからだが動きませんでした。

今日はねじりのポーズバランスのポーズが多かったのですが、
どのポーズも全滅です。

特にいつもはけっこうできるはずのバランスのポーズも、
どれもフラフラ、フラフラとして、うまくできません。

あげくは、途中でよろめき、あげていた足がドタっと下に落ちたり・・・(-_-;)

やはり、しばらく間があくとダメですね。
今日は、体調が特に悪かったわけでもないので、なんだかショックです。

毎日、夜、寝る前に少しだけヨガをやっているのですが、これからは、もう少しやるようにします!


ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


情報商材っていったい何ビジネス書籍あれこれ 

2006.06.02 Fri l ヨガ l コメント (0) トラックバック (0) l top
前回は三角のポーズでしたが、今日は三角のポーズにねじりを加えた
ねじった三角のポーズです。

まず、足を平行にして、腰幅の1.5倍ぐらいに脚を広げて立ちます。
次に右足を90度外側に向け、左足を約45度内側に向けます。

足のかたちができたら、息を吸いながら両手を肩の高さまで水平に上げます。

(ここまでは三角のポーズと一緒です。ねじった三角のポーズはここから、
上半身をねじって倒します。)

次に息を吐きながら上半身を右にねじり左手右足の外側に置きます。
(顔が後ろを向く)
右手はまっすぐ上にあげ、視線を右手の先に向けます。

 ※左手を右足の外側に置くことが出来ない場合は、右足首のあたり
  持ちます。けして、無理をしないでください。
  
この状態でしばらく、ポーズを保ちます。
ポーズを保っている間は自然呼吸です。

その後、息を吸いながら上半身を元に戻し、両手を下ろし、足も平行に戻します。
逆も同じ様に行います。

三角のポーズと同様に、頭に血がのぼってくるような場合は、途中で一度頭を起こしてください。

ねじりが入る分、三角のポーズよりさらにきつくなりますので、
くれぐれも、無理をしないでくださいね 

 三角のポーズ

ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


ヨガを愛する人のためのヨガグッズ大集合癒し いやし 健康コム 

2006.05.19 Fri l ヨガ l コメント (0) トラックバック (0) l top
三角のポーズは普段はあまり使わない、脇腹を伸縮させるポーズです。

からだの硬い私の、苦手とするポーズのひとつです。

まず、足を平行にして、腰幅の1.5倍ぐらいに脚を広げて立ちます。
次に右足を90度外側に向け、左足を約45度内側に向けます。

足のかたちができたら、息を吸いながら両手を肩の高さまで水平に上げます。

次に息を吐きながら上半身を右側に倒していき、右手右足の外側に置き、
左手をまっすぐ上にあげます。
顔は左に向け、左手の先を見るようにします。

 ※右手を右足の外側に置くことが出来ない場合は、右足首のあたり
  持ちます。けして、無理をしないでください。
  
この状態でしばらく、ポーズを保ちます。
ポーズを保っている間は自然呼吸です。

その後、息を吸いながら上半身を元に戻し、両手を下ろし、足も平行に戻します。

逆も同じ様に行います。

このポーズは脇腹背中を引き締め、血行もよくなりますが、
頭に血がのぼってくるような場合は、途中で一度頭を起こしてください。

私も、体調にもよりますが、このポーズをやるとけっこう、頭に血がのぼってきます。
無理をしてポーズを保っていると、起き上がった時に、立ちくらみを起こすので、
けして、無理をしないでくださいね 

この三角のポーズができたら、ねじった三角のポーズもぜひ、やってみてください。
 ねじった三角のポーズ


ブログランキングに参加しています。よろしければご協力をお願いします
   → ブログの惑星
   → 人気blogランキング
   → ブログの殿堂


ヨガを愛する人のためのヨガグッズ大集合癒し いやし 健康コム 

2006.05.19 Fri l ヨガ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。